2020年12月13日日曜日

日本科学者会議入会申込書等

日本科学者会議の入会呼びかけと申込書です。
こちらにアクセスしてダウンロードしてください。



2020年4月25日土曜日

JSAG規約

日本科学者会議群馬支部規約(2015年4月24日改正)です。→JSAG規約


※最上部に表示するために、日付を2020年4月25日としています。

2018年9月20日木曜日

2018年11月21日秋季セミナーのお知らせ(性教育とジェンダー問題を考える)【終了しました】


 あの酷暑が去り、ようやく灯火親しむ時季となりました。
各位におかれましてはご活躍のことと存じます。今日は群馬支部の秋季セミナーのご案内です。よろしくお願いします。

性教育とジェンダー問題を考える

日 時:11月21日(水) 18:30~20:00 参加無料

場 所:高崎経済大学2号館2階222教室

プログラム:

  司 会             永田 瞬 (高崎経済大准教授)

①  講演           青木 武生

    18:35〜19:15    (群馬県立県民健康科学大学教授)

②  質疑応答と自由討論(参加者による討論30分)

③ 閉会の挨拶    山田 博文 (群馬大名誉教授)


◆今年の3月、東京都のある公立学校で、「性交」、「避妊」といった言葉を使った性教育が、都議会議員に問題視されました。

◆他方で、思春期の子ども自身も、性に関する基本的な知識が不足しているため、DV、不妊など、様々な問題が起こっているとの見方もあります。

◆私たちは、どのようにして、性教育やジェンダーの問題に向き合えばいいのでしょうか。

◆この企画では、性教育、高校生の妊娠、ジェンダー問題を中心に、「現場がおかしい、どうして?」というテーマで専門家に話題提供していただき、参加者同士の質疑応答を通じて、理解を深めます。

◆専門家はもちろん、学生・市民などの多くの参加を期待します。 


会場様子1

会場様子2

参加学生を中心に、性教育やLGBT理解に関する熱心な議論が行われました。今回の企画では、渋滞で講師到着が遅れ、時間が当初の予定を延長したことをお詫びいたします。


2018年6月11日月曜日

2018年7月19日夏季セミナー(映画上映会)のお知らせ【終了しました】


 寒暑の差がつづきますが、みなさまご活躍のことと存じます。
恒例の夏季セミナーの一環として、7月19日に以下のようなドキュメント映画「戦争をしない国日本」の上映会と討論会を開催します(案内ビラ添付)。
 友人知人もお誘いのうえ、多数のご参加をお待ちしております。
ドキュメンタリー映画『戦争をしない国日本』上映会と討論会のご案内

日 時:7月19日(木) 18:30~21:00 
場 所:群馬大学社会情報学部棟1階106教室 

◆ドキュメンタリー映画『戦争をしない国日本』は、日本国憲法の制定の経緯とその後の憲法をめぐる社会の動きを記録映像で描いています。

◆最近の『世界』6月号は「憲法9条は誰が発案したのか」との問に、それはマッカーサーでなく、当時の幣原首相自身であったことが論証されています。

◆憲法9条は、押しつけではなく、日本の大正デモクラシーと戦争の悲惨さを教訓にした幣原首相の提案でした。

◆憲法は制定直後から押しつけを理由に「改正」の動きがつづいています。事実経過を学ぶことで何がみえてくるのでしょうか。


プログラム:

司 会     藤井正希(群馬大准教授)

① 開会の挨拶 山田博文(群馬大名誉教授)

② 映画『戦争をしない国日本』の上映(90 分)

③ 討論会(参加者全員による討論60 分)

④ 閉会の挨拶 永田瞬(高崎経済大准教授)

当日の写真です。

2018年4月12日木曜日

2018年5月10日春季セミナー「アメリカ憲法・労働法のいろは」のお知らせ【終了しました】

 本年度の日本科学者会議群馬支部総会は、5月10日、前橋市総合福祉会館で、夕方6:30から開催されます。引きつづき、7:30からアメリカ留学の樋口和彦氏(元弁護士)による以下の記念講演が開催されます。

記念講演演題

「アメリカ憲法・労働法のいろは」

   講 師:樋 口 和 彦(元弁護士)

 日 時:5月10日(木) 19:30~20:30  

  ​  ​場 所:前橋市総合福祉会館3階第4会議室


 大勢の参加をお待ちしております。
お誘い合わせなど、よろしくお願いします。


講師の樋口氏。
講演前に行われた総会の様子。

2018年4月3日火曜日

2018年5月10日 2018年度総会と講演会のお知らせ【終了しました】

2018年度総会と講演会のお知らせ(2018年5月10日18:30~前橋市総合福祉会館)

 日本科学者会議群馬支部の2018年度総会と講演会を以下の日程で行います。会員の皆様は、日程調整をしていただき、ご参加いただくとともに、支部の運営に関するご意見等をお寄せください。また、2018年5月下旬には日本科学者会議全国大会も開催されます。全国事務局への要望などもございましたら、ぜひお寄せください。日本科学者会議群馬支部には、学者・研究者以外にも、弁護士、税理士など様々な専門分野を持つ方が会員となっております。従来の、大学研究者を中心とする支部の運営方法とは異なる視点ややり方もあるかとは存じますので、ぜひ総会にご出席ください。

◆日時:2018年5月10日(木)、18:30開始
◆内容:【1】幹事会 18:00〜18:30
【2】総会   18:30〜19:30
1)2017年度活動報告
2)2018年度方針
3)会計(2017年度決算、2018年度予算)報告、会計監査報告
4)2018年度役員の決定・承認
5)全国大会議案検討
※「日本の科学者」5月号に同封の全国大会議案をお持ちください
6)その他
【3】講演会 19:30〜20:30 講師:樋口和彦氏(元弁護士)
◆場所:前橋市総合福祉会館3階、第4会議室(前橋市日吉町二丁目17-10)


 総会では2017年度活動経過、2018年度方針、会計監査の報告等を行う予定です。会員の皆様におかれましては、事前に送付された総会用議案をご持参ください。なお、どうしても都合の付かない場合、代表幹事宛に以下の委任状をご提出下さいますようお願いいたします。

========================================
委任状
日本科学者会議群馬支部総会  議長殿

私は、2018年5月10日に開催される日本科学者会議群馬支部総会の議事等について、一切を委任いたします。

   月   日( ) 氏 名(                         )
========================================

2017年12月6日水曜日

2018年1月27日 第3回 憲 法 大 討 論 会 〜生活と憲法を語り合おう〜【終了しました】

第3回 憲法大討論会 ~ 生活と憲法・開催予告!

ぐんま市民連合へいわの風・日本科学者会議群馬支部(JSAG) 共催

 回を追って盛り上がってきましたが、3回目となる今回のテーマは、身近な生活と憲法に目を向けます。
 この5年間の安倍政権下で、憲法の生存権は、具体的にどのように変容してきたのか、考え、語らいます。
 安倍政権下で「改正」されようとする憲法は国家の根本法・最高法規・国の骨格です。将来の日本のためには、誰もが無関心ではいられません。
 一八歳選挙権の時代、討論会に参加し、この国の行方を考えてみませんか。

参加無料・事前申込不要! 当日会場へ!

日時:2018年1月27日(土)、13:30 ~ 16:30(3時間)
場所:群馬県青少年会館2F大会議室(150席、前橋市荒牧町2番地12)

プログラム:
 司 会                      大川久美子(英語教室経営)
 ① 開会の挨拶           遠山 真大 (会社役員)
 ② パネリストの基調報告(1人20分の報告と問題提起)
   憲法25条と貧困・格差問題      斎藤 匠 (弁護士)
   アベノミクスの是非       山田 博文(群馬大名誉教授)
   雇用の不安定化と最低賃金規制  永田 瞬 (高崎経済大准教授)

 ③ 討論会(参加者全員による約90分間の討論)
 ④ 閉会の挨拶                   齋藤 安史(元群馬大教員)

※当初予定から、企画内容を若干変更いたしました。

企画のフライヤーです。

当日の写真です
会場全体
 パネリスト一覧
斉藤匠氏
永田瞬氏

上毛新聞で報道されました(2018年2月6日付)。