2020年12月13日日曜日

日本科学者会議入会申込書等

日本科学者会議の入会呼びかけと申込書です。
こちらにアクセスしてダウンロードしてください。






2020年4月25日土曜日

JSAG規約

日本科学者会議群馬支部規約(2015年4月24日改正)です。→JSAG規約


※最上部に表示するために、日付を2020年4月25日としています。

2019年5月20日月曜日

2019年 夏期セミナー開催について

2019年 夏期セミナー開催について

開催予定日 7月4日(木) 時間 18:30~21:00

群馬大学 荒牧キャンパス・社会情報学部棟106教室

(前回冬季セミナーと同教室)

テーマ “自衛隊9条加憲”の予定です。詳細はおってお知らせします。

2019年4月5日金曜日

2019年5月9日総会と記念講演会のお知らせ(前橋市総合福祉会館)【終了しました】


 日本科学者会議群馬支部の2019年度総会と講演会を以下の日程で行います。会員の皆様は、日程調整をしていただき、ご参加いただくとともに、支部の運営に関するご意見等をお寄せください。

◆日時:2019年5月9日(木)、18:30開始
◆内容:
 講演会 18:30〜20:00
「切らずにガンを治す」重粒子線治療 
 〜群馬大学病院のこれまでとこれから〜
 講師:小暮公孝氏(群馬大学総合外科学協力研究員・医師)
 司会・コメンテーター:青木武生氏(群馬県立県民健康科学大学診療放射線学部教授)
 総会 20:00〜21:00/幹事会 21:00〜21:30
◆場所:前橋市総合福祉会館(前橋市日吉町二丁目17-10)3F第3会議室(定員43名)

講演概要
◆北関東中核の大学病院・群馬大学病院について、長年勤務した大学病院医師の体験をもとにお話しします。

◆重粒子線施設がそもそもどのような経緯で建設されたのでしょうか、その建設費用の負担、治療実績はどうなっているのでしょうか、今後の見通しはどうでしょうか、など体験も交えてお話しします。

◆「切らずにガンを治す」重粒子線治療とはどんなものなのでしょうか、一般的な放射線治療とどう違うのでしょうか、など解説します。

◆腹腔鏡事件により群大病院は厚労省から問題を指摘され、一時的に特定機能病院の資格を失いましたが、患者さんも含めた病院内体制の改革が認められ、資格が再認定されました。その内容もご紹介します。


総会では2018年度活動経過、2019年度方針、会計監査の報告等を行う予定です。会員の皆様におかれましては、事前に送付された総会用議案をご持参ください。なお、どうしても都合の付かない場合、代表幹事宛に以下の委任状をご提出下さいますようお願いいたします。

========================================
委任状
日本科学者会議群馬支部総会  議長殿

私は、2019年5月9日に開催される日本科学者会議群馬支部総会の議事等について、一切を委任いたします。

   月   日( ) 氏 名(                         )
========================================

講演会の写真です。

中央は講師の小暮氏

 スライドを見ながらの解説です
参加者は講演者を入れて15名でした





 「切らずにガンを治す」重粒子線治療 〜群馬大学病院のこれまでとこれから〜
日本科学者会議群馬支部総会記念講演 要旨
2019年5月9日(木)前橋市総合福祉会館3階第3会議室
講師:小暮公孝氏(群馬大学総合外科協力研究員)
本講演は昨年の暮れに山形県科学者会議の要請に基づいて山形大学構内で行ったものに最近の知見を少し加えたものである。

講演内容は
1)重粒子線治療の医学的な効用(意義)について、その他の治療方法との違いなどを含めて、概括的な説明。
2)群馬大学での重粒子線治療施設の治療成績の当初の予測と実績についての概括的な説明。
3)群馬大学での重粒子線治療施設の財政面の概括的な説明。(施設単体の財政とともに、運営資金を大学の会計のなかでどのようにまかなっているのか。)
4)実際の治療症例の概要と、患者から見た重粒子線治療への期待。であった。
 重粒子線治療は1970年代に米国のロースバークレイ研究所で開始されたが1993年に資金難と施設の老朽化により閉鎖された。米国に続き1984年に日本では千葉の放射線医学研究所で建設計画が開始され1994年に治療が開始された。群馬大学では2005年に建設計画が開始され2010年に治療が開始された。現在、日本では5施設が稼働中で他に2施設が建設中である。世界でも米国、中国、韓国をはじめとして16施設が稼働あるいは建設中である。
 重粒子線施設の建設には莫大な費用がかかり大量の電力を消費するので大きなランニングコストがかかる。群馬大学の場合は当初、建設費150億円を見込んだが実際の建設費は125億円で国が80億円、県が40億円を負担し、群大の負担は5億円で済んだ。当初から借金なしでスタートできたのが幸運であったといわれている。現在のランニングコストは2〜3億円で黒字であるという。
 重粒子線の特徴はメタンガスをプラズマ状態に閉じ込めて炭素原子から電子を剥離しC6+の炭素イオン粒子を取り出し、その炭素イオン粒子を高速の70%にまで加速し、それをコントロールして患部に当てるものである。照射範囲を患部に合わせて限局させることができ周囲臓器に与える影響を小さくすることができる。ガンのDNAの破壊力も通常の放射線や粒子線よりも大きいという。
 重粒子線治療の対象疾患としては頭蓋底腫瘍、頭頸部ガン。肺癌、肝臓ガン、膵臓ガン、子宮ガン、直腸ガン、前立腺ガンなどがあげられる。中でも前立腺ガンの治療件数が飛び抜けて多くなっている。最近、前立腺ガンの重粒子線治療に健康保険が適用になり従来の324万円の治療費から数十万円の治療費負担に代わったことから患者数が、更に、増えている。
 実際の前立腺ガンの治療では患者の体型に合った固定器具を作成し、あらかじめ計算された照射量で照射範囲にあわせて週4回x4週間、合計16回の照射で治療は終了する。大きな副作用も無く治療が終了するので仕事を続けながらの治療が可能である。
 現在は、個々の症例における効果の検討が中心になっているが、今後、各症例に対する治療後の科学的な予後調査が行われ、本当の意味での他治療に対する優位性の証明が求められている。
   小暮氏の講演の後、10分程度2014年に明らかとなった群馬大学附属病院において発覚した腹腔鏡事件以降、病院の手術体制で炙り出された問題点について、内部改革が徹底して行われた結果、特定機能病院としての資格が本年4月厚生省において再認定された経緯について、進行の青木から説明があった。

2018年12月27日木曜日

2019年1月31日冬季セミナーのお知らせ(映画『高江 森が泣いている2』の上映&討論会)【終了しました】

JSAG会員各位

お世話になっております。
新年1月31日(木)、18:30~21:00、
群馬大学社会情報学部棟106教室において
JSAG冬季セミナーを開催いたします。

プログラムは以下の通りです。
①映画『高江 森が泣いている2』の上映(64分)
②赤石あゆ子会員(弁護士)のご講演(30分程度)
 (韓国の米軍基地をめぐる海外視察での経験談)
③討論会(45分程度)

この映画には「米軍北部訓練場の内幕を描く」という
副題がついています。
映画の内容およびポイントは以下の通りです。

題名『高江 ― 森が泣いている2』
2016年製作
①米軍基地問題に揺れる沖縄を記録し続けている藤本幸久&影山あさ子監督が、
 ヘリパッド建設問題で紛糾する沖縄県東村高江の建設現場の様子を収めた
 ドキュメンタリー映画『高江 ― 森が泣いている』の第2弾。
②ヘリパッド建設のため、数多くの生態系が残る森林が切り開かれていく様子や、
 作業現場で座り込みを続ける人々、それに対して作業現場を守る機動隊の姿など、
 現場で起こっている出来事をカメラに収めた。

新年の冬季セミナーは、ぜひ大成功させましょう!
ご参加をよろしくお願い申し上げます。


会場の様子

韓国視察を報告される赤石弁護士

米軍基地に関する沖縄県の報告書

沖縄に関するQ&A

韓国視察のレジュメ

参加者は講師も含めて38名でした。

2018年9月20日木曜日

2018年11月21日秋季セミナーのお知らせ(性教育とジェンダー問題を考える)【終了しました】


 あの酷暑が去り、ようやく灯火親しむ時季となりました。
各位におかれましてはご活躍のことと存じます。今日は群馬支部の秋季セミナーのご案内です。よろしくお願いします。

性教育とジェンダー問題を考える

日 時:11月21日(水) 18:30~20:00 参加無料

場 所:高崎経済大学2号館2階222教室

プログラム:

  司 会             永田 瞬 (高崎経済大准教授)

①  講演           青木 武生

    18:35〜19:15    (群馬県立県民健康科学大学教授)

②  質疑応答と自由討論(参加者による討論30分)

③ 閉会の挨拶    山田 博文 (群馬大名誉教授)


◆今年の3月、東京都のある公立学校で、「性交」、「避妊」といった言葉を使った性教育が、都議会議員に問題視されました。

◆他方で、思春期の子ども自身も、性に関する基本的な知識が不足しているため、DV、不妊など、様々な問題が起こっているとの見方もあります。

◆私たちは、どのようにして、性教育やジェンダーの問題に向き合えばいいのでしょうか。

◆この企画では、性教育、高校生の妊娠、ジェンダー問題を中心に、「現場がおかしい、どうして?」というテーマで専門家に話題提供していただき、参加者同士の質疑応答を通じて、理解を深めます。

◆専門家はもちろん、学生・市民などの多くの参加を期待します。 


会場様子1

会場様子2

参加学生を中心に、性教育やLGBT理解に関する熱心な議論が行われました。参加者は講師を含めて17名でした。今回の企画では、渋滞で講師到着が遅れ、時間が当初の予定を延長したことをお詫びいたします。


2018年6月11日月曜日

2018年7月19日夏季セミナー(映画上映会)のお知らせ【終了しました】


 寒暑の差がつづきますが、みなさまご活躍のことと存じます。
恒例の夏季セミナーの一環として、7月19日に以下のようなドキュメント映画「戦争をしない国日本」の上映会と討論会を開催します(案内ビラ添付)。
 友人知人もお誘いのうえ、多数のご参加をお待ちしております。
ドキュメンタリー映画『戦争をしない国日本』上映会と討論会のご案内

日 時:7月19日(木) 18:30~21:00 
場 所:群馬大学社会情報学部棟1階106教室 

◆ドキュメンタリー映画『戦争をしない国日本』は、日本国憲法の制定の経緯とその後の憲法をめぐる社会の動きを記録映像で描いています。

◆最近の『世界』6月号は「憲法9条は誰が発案したのか」との問に、それはマッカーサーでなく、当時の幣原首相自身であったことが論証されています。

◆憲法9条は、押しつけではなく、日本の大正デモクラシーと戦争の悲惨さを教訓にした幣原首相の提案でした。

◆憲法は制定直後から押しつけを理由に「改正」の動きがつづいています。事実経過を学ぶことで何がみえてくるのでしょうか。


プログラム:

司 会     藤井正希(群馬大准教授)

① 開会の挨拶 山田博文(群馬大名誉教授)

② 映画『戦争をしない国日本』の上映(90 分)

③ 討論会(参加者全員による討論60 分)

④ 閉会の挨拶 永田瞬(高崎経済大准教授)

当日の写真です。